ブライズメイドとグルームズマンの人数

ブライズメイドとグルームズマンは正式には人数を揃えることになります。本格的に行う場合は人数を考慮してください。ブライズメイドの人数を増やそうとし過ぎるのも問題が起きやすくなる原因。人数が多くなればなるほどお揃いのドレスが似合わない人が出やすくなります。

ハワイのガーデンウェディングなら

果たして、全く同じ色とデザインでドレスを統一するのは現実的でしょうか。宗教的な理由が無い限り、色違いで同じデザイン、デザイン違いで色を合わせるのもブライズメイドでは考慮されたらよろしいかと。

正式なブライズメイドは手間がかかります

今これを読んでいるあなたは「ブライズメイドってめっちゃメンドイ」と感じているかも知れませんね。現代においてはブライズメイドとグルームズマンは宗教的意味合いよりも新郎新婦のステータスの演出ですから仕方ありません。

欧米同様にやろうとすればメイドオブオナーもしくはメイトロンオブオナー、ベストマンの手腕が問われますし、伝統の無い日本人が本格的にやろうとすればどうしても無理が生じます。

ブライズメイド・グルームズマンをお願いする新郎新婦へ

ブライズメイド、グルームズマンは理解のあるご友人や親族にお願いし、強要するのではなく、辞退もできる様に交渉すべきでしょう。日本式と欧米式の結婚式の慣習の違いを新郎新婦もしっかり理解して、仲の良いお友達との無用なトラブルは避けて頂きたいものです。

日本ではまだ馴染みの浅いブライズメイド、グルームズマンですが、欧米同様の意味で要請しているのか、結婚式当日の介添え人を意味しているのか、結婚式での案内係としてのアッシャーとしての役割も含んでいるのか、単に記念写真をそれ風に撮りたいだけなのかを明確にしておきましょう。

教会への確認をお忘れなく

お揃いの衣装で結婚式に参列することは問題は無いと思いますが、本来、プロテスタント系の教会の結婚式の伝統ですからチャーチ(宗教施設の教会)の場合、ブライズメイド・グルームズマンがいる挙式をしていいかを確認してください。

この記事を共有
この記事の評価は☆をクリック 悪い良くない普通良い最高 (10人が評価)

アロハ! オーナーの菅谷です。リディアハワイは皆様のハワイでの素敵なお時間を創造することを使命としています。これからもサービスの向上にムームーレインボーともども、スタッフ一同、取り組んで参ります。記事へのご意見、サービスへのご要望はお気軽に!

Top